緊急事態宣言を説明する首相の会見とかで、説明が終わった後に記者からの質問を受け付ける時間があるが、首相が回答する前から答えがわかっている質問をしている人が多くて、意味がわからない。

また、例えば、「(緊急事態宣言を延長により) 国民にさらなる負担を強いることについて、首相としての責任をどうお考えですか」といった質問に対しては、「責任を重く受け止め、総力を上げて問題解決に取り組む」みたいな答えが当然返ってくるはずで、最初から答えがわかっているのだから、そもそも質問する意味がないのではと思う。

また、説明の中で具体的な数値への言及を避けた話題に対して、「具体的な目標数はありますか」みたいな質問がされることがあるが、会見で言及してないのだから当然「それについては専門家としっかり協議して早急に見解を示す」みたいな答えが当然返ってくるはずで、意味がないのではと思う。

「具体的な目標数を示せない背景はなんですか」とか、「ざっくりとした目標数のイメージはありますか」みたいに、踏み込まないと、意味がないとに思う。あるいは、「具体的な目標数を早期に示してください」みたいに、自分もしくは会社の見解を示したほうが、立場が明確になってわかりやすい。

質問が思いつかないなら、最初から参加しなきゃいいのに。